CADは導入した方がいい!CADのメリットとは何か


作業を効率的に進められるのはCADの魅力

CADはパソコン内で図面を引くことができるため、ボタンをワンクリックするだけで修正や消去、加筆などの作業を進められます。消しゴムを使って消して、また書き直すという手間が省けるので作業効率はアップする可能性が高いでしょう。紙の図面の場合は鉛筆の筆圧が強すぎると、消しゴムで線分を消しても鉛筆の線が薄っすらと残ってしまうケースが多いです。それに対してCADは筆圧の影響を受けないので、紙の図面のように線が残ってしまう心配はありません。その点を考えると、紙の図面よりもCADの図面の方が仕上がりが綺麗になる可能性が高いと言えます。

また他の人の図面を参考にしたいときにもCADは役立ちます。紙の図面の場合はコピーした図面を持ってきてもらう必要がありますが、CADの場合は図面データをアップロードしてもらうだけで済みます。図面をトレースする場合にも元となる図面を汚さずに書き写せるのが、CADの良いポイントでしょう。

図面データはいつでも共有できる

CADの図面データは共有フォルダに入れておけば、いつでも他人とデータを共有することが可能です。同じ時間に大勢の人で1つの図面を見ることも可能であるため、CADを使っていれば図面を見ながらの会議も行いやすいと言えます。自社の社員との情報共有だけでなく、他社との情報共有も行いやすいのがCADのメリットです。CADを使っていれば他社との共同開発の作業もスムーズに進むでしょう。CADの図面データはパソコン内のフォルダやクラウド上のフォルダに保存することが可能であるため、物理的なスペースを圧迫しないというメリットもあります。

水道CADとはパソコンを用いて上下水道の配管図面の作成ができるソフトです。無料でソフトが配布されているため、手軽に作業効率を上げることができます。